2022.07.13
今期だけでなく、
経営を中長期で見通すために
株式会社ベストウェル × 大阪総合グループ 大阪総合人財経営株式会社
ベストウェルの代表取締役 西川弘氏と、ベストウェルのセカンドオピニオンを務めるbixider(以下ビサイダー)の大阪総合人財経営 代表取締役 佐藤充氏。両者を結ぶ第4回目のオンラインミーティングは、いつもの通り兵庫と大阪を結んで行われました。
前回は、人件費上昇分や施設増床分にかかる今期の数字の整理を行いましたが、今回は以下のTASKに則り、損益推移表から今期の経過累計をチェックすることに。
〈TASK1〉損益推移表から、科目ごとの経過累計を確認

〈TASK2〉中長期の視点に立った経営計画の利点を探る
これまでご紹介した通り、グループホームや認知症対応型共同生活介護、サービス付き高齢者向け住宅、居宅介護支援サービスをはじめ、グループ内に医療法人を擁するベストウェルは、施設・部署ごとに細分化した財務管理が必要になります。
事業所が多ければ、それだけ施設・科目・月別に数字を入力する手間を要しますが、その作業がスムーズに流れるようになることで、「早期に決算の着地点を見通せる」→ 「経営計画が立てやすくなる」→「数年後の事業を見通せる」といった利点を得られるとビサイダーは話します。
過去の数字を整理する決算業務のみならず、未来の数字を創造する楽しさを体感しつつある西川社長は、今回どんな“気づき”を得たのでしょうか。早速、ミーティングの模様をリポートしましょう。

今期の損益推移表に示された大きな数字について、まずは確認

ミーティングの冒頭、医師と経営者の顔をもち時間の合間を縫って財務管理に携わる西川社長に、ビサイダーの佐藤氏はあいさつを兼ねて問いかけます。
大阪総合人財経営 佐藤(以下ビサイダー)
よろしくお願いします。1カ月はすぐ過ぎてしまいますが、何か変化はありましたか?
西川社長
事業そのものに変化はないのですが、依然として介護事業ではコロナの感染対策に気が抜けませんし、3回目のワクチン接種が佳境を迎えているので、一日中バタバタしていますね
PCの画面上に11〜2月の4カ月分の実績値と、残り8カ月分の見込値が入力された今期決算着地(2022月10月)の損益推移表が提示され、気になる点についてビサイダーから質問が投げかけられていきます。
ビサイダー
増床工事が行われる〈グループホームくに林〉(以下「くに林」)単体の当期利益の全体的な数字を見ると、9月に入る予定の補助金は計画上では雑収入で処理しています。さらにこれを決算では圧縮記帳し、申告上では減算処理として法人税で調整していますが、この補助金以外にもお金の動きはありますか?
西川社長
いま銀行さんと話が進んでいる最中ですが、補助金が入金されるまでの間のつなぎ資金として短期借入を予定しています。さらに〈くに林〉の設備資金や運転資金として長期で借入をする予定がほぼ決まっています
ビサイダー
シミュレーション上ではその借入情報は織り込んでいないので、貸借対照表上では6月以降にキャッシュの残高がマイナスになっています。今回予定しているそれらの借入分で補填するということですね?
西川社長
はい。6月のキャッシュアウトに備えて借入を実施する予定でいます。9月の稼働を想定していますが、工事の進捗状況によってはスタートが遅れることがあるかもしれません
ビサイダー
キャッシュについては安心しましたが、借入の金利はどれくらいになりそうですか?
西川社長
おそらく従来通りの1.5%前後ではないかと。ただ最近は金利が上昇していますので、きちんと確認しないといけませんね

科目ごとの経過累計も、ひとつずつしっかり確認

ビサイダー
11〜2月の4カ月分の実績値を見ると、直近2月の収入は11月、12月、1月と比較して落ちていますが、これは何か理由がありますか?
西川社長
これは単純な理由で、2月は日数が28日しかないからです。介護施設に関する収入の計算は日数単位で行うので他の月と比較すると2月はどうしても7〜8%ほど収入が下がります
そのほかにも施設、科目、月別に細分化された4カ月分の実績データと決算まで残り8カ月分の計画値が入力された損益推移表をもとに、今期の決算着地の利益を見ながら、ビサイダーと西川社長の間で細かく確認がなされていくことに。それは例えば下記のような内容に。
水道光熱費の経過累計は計画値よりやや高めだが、これは計画通りなので問題なし

管理諸費の経過累計は計画値と若干のズレがあるため、この部分は修正が必要

通信料の経過累計は、職員の携帯を切り替えたため計画値よりやや高めで推移

広告宣伝費の経過累計は職員募集のチラシを作成したため、やや高めで推移

物品販売等収入の計画数字は未入力なので、新たな計画値の入力が必要

ビサイダー
今日は施設ごと、勘定科目ごとにひとつひとつ細かく確認していきましたが、お忙しい西川社長の場合、計画通りに推移しているかをモニタリングするコツとしましては、この経過累計とその差額に着目されると計画全体の進捗状況がつかみやすくなると思います
西川社長
経過累計がプラスかマイナスか、科目ごとに追いかけていくのですね
ビサイダー
はい、そうです。bixidのシステムでは予算対実績の結果を直感的に把握してもらうために、計画値より良い場合は青色のグラフになり、計画値より悪い場合は赤色のグラフになります。例えば売上の場合は未達だと赤、経費の場合だと予算オーバーすると赤色、という感じになりますので、まずは赤色の部分で金額が大きいところを把握するとどこにズレが生じているかをすぐに捉えることができ、いち早く改善の手を打つことができます
モニタリングの結果、今期の着地は前期利益よりもプラスで推移する結果が示されることに。

その数字に安堵の表情を浮かべた西川社長ですが、実は懸念していたことがあったそう。
西川社長
初めてのことなのですが、15部屋の施設の半分ほどの部屋が一定期間空室だったことで、今期は前期に比べると厳しいかなと予測していたんです。その不安があったのでできる限り支出を控えるよう心がけていたのですが、結果的には私が思った以上に計画に沿った決算着地(シミュレーション結果)が出たことに、まずはひと安心しました

今期の見通しをもとに、中長期の資金計画へ

今期の見通しが立ったことで、今後に懸ける思いを西川社長は語ります。
西川社長
介護施設を造ろうと思って数年前に購入した遊休地があるので、その土地に健康関連施設を立ち上げたいとも考えていますし、数は多くないのですが、介護保険事業のグループホームと介護付き有料老人ホームの公募のチャンスがあればトライして、いざというときにすぐに動ける体制を作っておきたいなと思っていまして
ビサイダー
まとまった金額の融資の必要性が事前にわかっているベストウェルさんの場合、先手を打つためにも中長期の経営計画は絶対にあったほうがよいと思います。将来を見すえた経営姿勢は必ず銀行にも伝わりますので
西川社長
銀行に限らず個人のお金の貸し借りでも、無計画な人にお金を貸したくないですし、きちんと返ってくる見込みのある人にお金って貸したいものですよね(笑)。そういう意味でも、中長期計画に取り組むことで、資金調達力を強めたいと思っていますので、お力添えをお願いします
ビサイダー
現段階では、先ほど話した通り大局的に今期の会計データの進捗状況をタイムリーにチェックし、月々の数値が計画値とぶれていなければ問題ないと考えています。この感じで順調に推移すれば、決算は10月ですが、7・8月の早い段階である程度の正確な納税額が見えてくるので、節税に対する事前の議論ができるようになると思います。さらにそこから3年、5年スパンの売上計画に着手していきましょう
さらなる事業拡大に向けてさまざまな方策を練るベストウェルですが、今期決算の着地点を見出したことで足元が固まりつつあるいま、次の一手のために怠りない準備が必要となります。それは例えば、
「新しい事業や施設を立ち上げる際、その規模感はどれくらいになるか」

「新しい事業や施設を立ち上げる際、どの程度の箱ものが必要になるか」

「新しい事業や施設を立ち上げる際、どれくらいの資金が必要になるか」

「新しい事業や施設と現在の事業を合算すると、損益はどう変化するか」

これらの青写真をもとにした中長期の経営立案に意欲を示す西川社長は、最後の次のように話してくれました。
西川社長
先月は設備投資と減価償却の考え方について教えていただきましたが、可能な限り新規事業を立ち上げていきたいと思っています。大きな資金を要する新規事業はリスクが伴いますので、会計のプロにアドバイスをいただきながら、最善の方法で事業を広げていければと思っています。このプロジェクトに参加した当初は、単なる会計のやりくりを教えていただく感じだと考えていたのですが、経営に関する点でたくさんのことを学ばさせていただき、本当に感謝しています。これからもよろしくお願いします

今回のPOINT!

・新規事業のキャッシュフローから融資計画を確認
・細かな経費額を精査することで経営状況の明確化
・今後の新規事業への会計的なリスクヘッジを確認
おかもとさん(YKプランニングのしゃちょう)コメント
月次予算対実績の比較(今回は4か月目) → 残り8カ月予算の見直し(決算着地確認) → 中期計画策定のイメージ、といったオーソドックスなミーティングでした。ビサイドのメインコンテンツである「モニタリング」と「単年度計画」をフルに活用して、忙しい社長でも短時間で直感的に予算対実績把握するためのポイントが凝縮されていました。次回は西川社長が考える3~5年後のイメージを数字で見える化できるのが楽しみです。
bixid「経営計画」の特徴
企業経営のPDCAを支える「P=計画」をスピーディーに作成する機能です。数値計画だけでなく行動計画も一緒に作成できるので、より具体的な計画の作成が可能となります。
機能の詳細はこちら
介護事業、グループホーム運営、サービス付き高齢者住宅 | 兵庫県神戸市
株式会社ベストウェル
兵庫県内に高齢者向けの介護施設を多数展開し、地域に密着した質の高い介護サービスを提供。企業理念は「誠実さと思いやり」「心と体への貢献」「従業員の幸福と社会への貢献」
代表取締役:西川 弘
本社所在地:兵庫県神戸市
創業:1999年
事業内容:介護事業・グループホーム運営・サービス付き高齢者住宅
プロジェクト参加企業さま
有限会社まるみや
大口ユーザーをもつ地域密着優良企業として、「食」を通した幅広い事業を展開。自社製造工場を持つ利点を生かし、老舗ながらも、新規サービスなどの事業拡大に意欲的に努めている。
0ヵ月目 キックオフ
2022.04.06
コロナ禍で売上減少。経営を見直し、体質強化は“いま”と決断
有限会社まるみや × 岡憲一郎税理士事務所
大分の老舗仕出し企業が取り組んだ古い体質からの脱却と経営強化。その模様をレポートします!
1ヵ月目 課題見直し
2022.04.27
自分自身を知り尽くし、来期を見通す
有限会社まるみや × 岡憲一郎税理士事務所
数値を積み重ねることで見えてきた本当の経営状況。そこには思いもよらない結果が待っていた。
2ヵ月目 原価率
2022.05.25
原価率を把握すると自然と利益は見えてくる
有限会社まるみや × 岡憲一郎税理士事務所
高回転率商品の生命線となる“原価”を突き詰めていくと、把握しづらかった利益の実態が見えてきます。
3ヵ月目 売上戦略
2022.06.15
前期の数字から、今期の売上戦略を練る
有限会社まるみや × 岡憲一郎税理士事務所
店舗・商品カテゴリ別に細分化された前期実績を精査しながら、今期の売上戦略を練っていきます
4ヵ月目 当期売上計画
2022.07.06
見込概数から、当期売上計画を策定
有限会社まるみや × 岡憲一郎税理士事務所
弁当の月別予測販売個数を算出。コロナ禍や材料費高騰を乗りきり、当期の売上を積み増すための仕掛けとは?
5ヵ月目 売上目標
2022.07.27
売上・利益を左右する原価率
有限会社まるみや × 岡憲一郎税理士事務所
売上・利益を左右する原価率をどうとらえるか。このとらえ方が利益を積み増していくカギになります。
6ヵ月目
株式会社ベストウェル
兵庫県内に高齢者向けの介護施設を多数展開し、地域に密着した質の高い介護サービスを提供。企業理念は「誠実さと思いやり」「心と体への貢献」「従業員の幸福と社会への貢献」
0ヵ月目 キックオフ
2022.04.13
経営力・財務力・組織力を強化し、成長し続ける企業体質を目指す
株式会社ベストウェル × 大阪総合グループ 大阪総合人財経営株式会社
人手不足にある介護業界で、さらなる事業拡大と企業成長を目指す経営者がプロジェクト挑む思いとは?
1ヵ月目 課題見直し
2022.05.11
財務指標から会社の健康状態を測定する
株式会社ベストウェル × 大阪総合グループ 大阪総合人財経営株式会社
自己資本比率と総資産回転率から見えてきた、兵庫県で高齢者向け施設等を運営する企業の経営課題とは?
2ヵ月目 借入金
2022.06.01
借入体質から脱却するための方策を練る
株式会社ベストウェル × 大阪総合グループ 大阪総合人財経営株式会社
いくつかの財務指標に点滅する赤い危険信号。そのサインを安全な青色に転換する方策を探ります。
3ヵ月目 今期着地点
2022.06.22
各施設、全体から今期着地点を予測
株式会社ベストウェル × 大阪総合グループ 大阪総合人財経営株式会社
複数事業所(高齢者施設等)の数字とそれらを合算した全体数字から、今期ランディングポイントを見通します
4ヵ月目 中長期見通し
2022.07.13
実績と予測値から、経過累計を確認
株式会社ベストウェル × 大阪総合グループ 大阪総合人財経営株式会社
「木を見て、森を知らず」にならないよう、事業所・科目・月別に数字を管理する企業が全体を見るコツとは?
5ヵ月目 来期予測
2022.08.03
今期決算の着地点を、より確実なものに
株式会社ベストウェル × 大阪総合グループ 大阪総合人財経営株式会社
「2022年10月着地の24期の全体像が見えてきた今こそ、細かな数字を微調整し、対前年比プラスを確実なものに
6ヵ月目
西日本食品工業株式会社
「食で命を育み、子どもたちの明るい笑顔を世界に広げる」を企業理念に掲げる、1950年創業の老舗食品メーカー。主力商品の春雨は、中国に古くから伝わる製法にこだわり、その伝統の技と手作りの味を守り続けている。
0ヵ月目 キックオフ
2022.04.20
適切な数値判断・計画で、安心感と確信をもって経営に携わりたい
西日本食品工業株式会社 ✕ 税理士法人アイ・パートナーズ
伝統の技を守りながら事業のブラッシュアップに取り組む、老舗食品メーカーの3代目が目指す経営とは?
1ヵ月目 課題見直し
2022.05.18
現状を把握し、次なるアプローチを導く
西日本食品工業株式会社 ✕ 税理士法人アイ・パートナーズ
シミュレーションによって明確に示された、老舗食品メーカー3代目社長の鋭い経営感覚とは
2ヵ月目 計画
2022.06.08
今期決算から来期の計画を見通す
西日本食品工業株式会社 ✕ 税理士法人アイ・パートナーズ
シミュレーションで今期・来期決算の着地点を予測。現場視点のデータも生かして今後のアプローチを導く
3ヵ月目 今期計画
2022.06.29
多様な視点から今期計画を見通す
西日本食品工業株式会社 ✕ 税理士法人アイ・パートナーズ
会計上は見えない現場視点の管理データもbixidに反映させ、今期計画の新たな指標とアプローチを導く
4ヵ月目 KPI設定
2022.07.20
KPIをどう設定・管理するか
西日本食品工業株式会社 ✕ 税理士法人アイ・パートナーズ
今期の重点項目をマクロな視点でKPIに設定、詳細な項目は現場サイドのデータでチェックする
5ヵ月目 課題解決
2022.08.10
今期2ヵ月の実績と今後の方向性を確認
西日本食品工業株式会社 ✕ 税理士法人アイ・パートナーズ
今期2・3月の売上実績を計画比でモニタリングし、4月以降の見通しや会計処理の詳細をあらためて確認
6ヵ月目
無料相談実施中!