2022.06.08
今期決算を振り返りつつ、
来期に向けた新たな一歩を踏み出す
西日本食品工業株式会社 ✕ 税理士法人アイ・パートナーズ
1950年創業の老舗食品メーカー・西日本食品工業株式会社の長田社長と、税理士法人アイ・パートナーズの山田氏・石渡氏(以下ビサイダー)がタッグを組む「bixider経営支援プロジェクト」。その第2回定例ミーティングが、2022年1月下旬、熊本と横浜を結ぶオンラインで実施されました。

今期(2021年度/2021年2月~2022年1月)の決算月を迎え、来期の売上予算や販売計画なども着々と進める長田社長。このタイミングで今回は、前回のミーティングでシミュレーションした今期決算着地点の再確認と、来期計画の策定に向けて、以下2項のTASKを軸に進めていくことになりました。

〈TASK1〉 前回の決算シミュレーションで目標設定した今期12・1月の売上(見込値)を、実績に基づいて確定し、2021年度決算の着地点をあらためて確認

〈TASK2〉 長田社長から提示された来期売上予算の数値をbixidに落とし込み、暫定的な着地点と来期計画の策定に向けた大枠を確認

会社の数字を完璧に把握し、商品や原材料、カテゴリーや得意先ごとの在庫・原価・売上などのデータも、Excelで緻密に管理する長田社長。そうした鋭い経営感覚と現場視点の詳細な管理データが、bixidのシミュレーションでも力を発揮し、今後のプロジェクト展開にも大きな弾みをつけました。

今回活用したbixid経営会計ソフトの特長

「単年(月次)経営計画シミュレーション」
※当画像はサンプルデータであり実際の西日本食品工業株式会社の数字ではありません。
企業経営のPDCAを支える「計画」をスピーディーに作成する機能がbixidの「経営計画」です。単年・月次で予算を作成する「単年月次計画」と、年次で予算を作成する「中期年次計画」を併用することによって、数値計画とそれに対する行動計画を作成でき、複雑な経営計画を高精度に単純化。売上をベースに、固定費や変動費を昨対ベースで瞬時に作成できる点が特長です。

また、売上:経費の比率が季節によって変動する場合も、季節指数で自動計算。慣れれば15分で作成できる6つの自動作成機能のほか、部門単位や店舗単位での作成も可能です。

売上実績を加味して、今期決算の着地点を再確認

昨年末(2021年12月初旬)に行われた前回のミーティングでは、今期11月までの実績値と12月・1月の目標計画をもとに、bixidのシミュレーションで2021年度の決算予測を実施しました。
アイ・パートナーズ 山田(以下ビサイダー)
前回のシミュレーションから1ヵ月以上が経過し、その間に12・1月の売上もほぼ確定しましたので、今回はそれらの実績値を加味して、今期決算の着地点をあらためて確認していきたいと思います
今回のミーティングにあたって長田社長が提示した12月の売上実績は、目標値より若干のプラスに。1月の売上についても、「最終的な数字はまだ出ていないが、ほぼ目標達成できる見込み(長田社長)」と、売上については計画通りの数値に落ち着きました。
一方、これらの売上実績を加味したシミュレーションでは、今期の税引前利益が長田社長の見込みを超える予想以上の結果に。これについて長田社長は「私の計算では、これより1000万円以上少ないと見込んでいましたので、この数字はちょっと誤差が大きいかな…」とコメント。
そこでビサイダーは、12・1月に特筆すべき経費がないことを確認したうえで、前回bixidに落とし込んだ諸経費や科目連動、減価償却や棚卸の状況などを、長田社長と一つずつ再チェック。細かい調整を加えた結果、その誤差はやや縮まったものの、まだ数字に若干のズレが残るため、この件については実際の決算数値が出てから照合・分析していくことになりました。
ビサイダー
いま数字のズレを詰めていっても、現時点では確定していない部分もありますので、今期の決算利益の答え合わせは、最終的に実際の決算数値が出た時点で見ていくことにしましょう。長田社長もある程度、安全策とった余裕のある数字で予算を見ておられますし、予算と実績を比較してモニタリングしていけば、より精度の高いデータや安心材料も得られると思います

来期計画に向けた売上予算の大枠をシミュレーション

続いてTASK2では、まず長田社長から来期(2022年度)の売上予算とともに、売上目標に向けた具体的な方策や、新たな取り組みなどが提示されました(下記参照)。

●来期の売上は今期の約1.1倍の着地を目指す
●長田社長がExcelで管理している商品別(約200品目)の原価・粗利管理表から、来期の粗利目標を算出。原価(原材料費・運賃など)の高騰を考慮して、粗利率の高い商品を重点品目として厚めに予算を組み、各得意先へ実績を加味して振り分けていく
●長田社長自身がトップセールスとして既存得意先の代表者とコンタクトをとり、さらなる取引拡大や顧客接点の強化を図る
●営業部署と管理表などの数字を共有して販売計画を立て、新規得意先の獲得や販売チャネルの拡大にも力を入れる
●前期から開発を進めてきた新商品を市場投入し、売上と販売シェアの拡大を目指す
これを受けてビサイダーは、来期売上予算の数値をbixidに落とし込み、長田社長が設定した粗利目標(利益率)をもとに、原価高騰を踏まえて変動費の比率などを調整。重点的な固定費なども前年(今期)のデータに調整を加え、大枠の着地点を暫定的に導きました。
その結果、経常利益については長田社長の想定値と若干のズレが生じましたが、現時点では細かい経費まで詰めていないため、売上予算の大枠としては問題ないとビサイダーは判断。この方向性で来期計画を進めながら、経費などの詳細については次回のミーティングで確認していくことになりました。
ビサイダー
社長が予算作成の参考にされているExcelの各資料(商品別の管理表など)を共有・確認させていただき、私どもで細かい部分に調整を加えていけば、経常利益も社長がイメージされている数字に近づくと思います。
また、共有させていただいた管理表をもとに、社長からご要望のあった商品別・カテゴリー別のKPI設定やグラフ化もできますので、それ以外にも重点的にチェック・モニタリングしたい項目があれば、ぜひご相談ください

長田社長・ビサイダーともに明るい方向性を見出す

そして、ミーティングの最後に今回のTASKを振り返って、長田社長とビサイダーの間でこのような会話が交わされました。
ビサイダー
今期決算のシミュレーションでは、長田社長の想定を上回り、利益を削る方向での調整となりましたが、この点についてはどう思われましたか
長田社長
想定以上の利益が出るに越したことはないので、メンタル的にも安心感が得られましたね。なによりも、こうして会社の数字を一緒に見ていただけるのは、頼もしい仲間がいるという心強さもあって、大変ありがたいと感じています
ビサイダー
こちらこそ、長田社長が管理されている貴重なExcel資料をご提供いただき、本当にありがとうございます。現場視点で作成された詳細な資料は、bixidの運用や今後のミーティングでも大いに活用できますし、会計データからのアプローチとはまた違ったご提案もできると確信しています
長田社長
私も山田先生に全幅の信頼と期待を寄せて資料をご提供していますし、税理士さんのプロの視点からフルに活用して、新たな提案やアドバイスを頂戴できればうれしいです。今後はキャッシュフローについても詳しく教えていただきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします
ビサイダー
早速のリクエスト、ありがとうございます。キャッシュフローの件、承知いたしました! 来期は社長ご自身でのトップセールスや、新商品の販売も予定されているとのことですので、そのあたりのアドバイスも含めて、全力で支援させていただきます!
こうして、明るい方向性を示す展開となった今回のミーティングでは、長田社長にとってはもちろん、ビサイダーにとっても大きな収穫があったようです。前回に増して弾みをつけ、今後の展開にも期待がかかる「bixider経営支援プロジェクト」。次回もどうぞお楽しみに!

今回のPOINT!

(ビサイダー 山田氏)
・今期の決算については、シミュレーションと実際の決算数値を照合して分析しましょう
・予算策定は商品別などでKPIを設定して、長田社長がモニタリングしやすい状況を目指しましょう
おかもとさん(YKプランニングのしゃちょう)コメント
財務会計や税務会計では1円の誤差に関してシビアになりがちですが、将来を予測したり経営者の頭の中を整理するための“管理会計”では時には100万円単位で大局を把握することも重要となります。
今回は、旧年度と新年度の狭間でのミーティングとなりましたが、過去よりも未来を考える時間は長田社長にとっても有意義なものになったのではないでしょうか。
次回も生き生きとした長田社長とビサイダーのやり取りに注目したいです。
bixid「経営計画」の特徴
企業経営のPDCAを支える「P=計画」をスピーディーに作成する機能です。数値計画だけでなく行動計画も一緒に作成できるので、より具体的な計画の作成が可能となります。
機能の詳細はこちら
食品製造・輸入・販売 | 熊本県熊本市
西日本食品工業株式会社
「食で命を育み、子どもたちの明るい笑顔を世界に広げる」を企業理念に掲げる、1950年創業の老舗食品メーカー。主力商品の春雨は、中国に古くから伝わる製法にこだわり、その伝統の技と手作りの味を守り続けている。
代表取締役:長田 和也
本社所在地:熊本県熊本市
創業:1950年
事業内容:春雨や粉物などの食品製造・輸入・販売
プロジェクト参加企業さま
有限会社まるみや
大口ユーザーをもつ地域密着優良企業として、「食」を通した幅広い事業を展開。自社製造工場を持つ利点を生かし、老舗ながらも、新規サービスなどの事業拡大に意欲的に努めている。
0ヵ月目 キックオフ
2022.04.06
コロナ禍で売上減少。経営を見直し、体質強化は“いま”と決断
有限会社まるみや × 岡憲一郎税理士事務所
大分の老舗仕出し企業が取り組んだ古い体質からの脱却と経営強化。その模様をレポートします!
1ヵ月目 課題見直し
2022.04.27
自分自身を知り尽くし、来期を見通す
有限会社まるみや × 岡憲一郎税理士事務所
数値を積み重ねることで見えてきた本当の経営状況。そこには思いもよらない結果が待っていた。
2ヵ月目 原価率
2022.05.25
原価率を把握すると自然と利益は見えてくる
有限会社まるみや × 岡憲一郎税理士事務所
高回転率商品の生命線となる“原価”を突き詰めていくと、把握しづらかった利益の実態が見えてきます。
3ヵ月目 売上戦略
2022.06.15
前期の数字から、今期の売上戦略を練る
有限会社まるみや × 岡憲一郎税理士事務所
店舗・商品カテゴリ別に細分化された前期実績を精査しながら、今期の売上戦略を練っていきます
4ヵ月目 当期売上計画
2022.07.06
見込概数から、当期売上計画を策定
有限会社まるみや × 岡憲一郎税理士事務所
弁当の月別予測販売個数を算出。コロナ禍や材料費高騰を乗りきり、当期の売上を積み増すための仕掛けとは?
5ヵ月目 売上目標
2022.07.27
売上・利益を左右する原価率
有限会社まるみや × 岡憲一郎税理士事務所
売上・利益を左右する原価率をどうとらえるか。このとらえ方が利益を積み増していくカギになります。
6ヵ月目 まとめ
2022.08.17
プロジェクトでの学びを糧に、さらなる成長を
有限会社まるみや × 岡憲一郎税理士事務所
ついに密着取材最終回! 経営・財務への探究心が高まる(有)まるみやの原田社長と、この6か月間を振り返ります。
株式会社ベストウェル
兵庫県内に高齢者向けの介護施設を多数展開し、地域に密着した質の高い介護サービスを提供。企業理念は「誠実さと思いやり」「心と体への貢献」「従業員の幸福と社会への貢献」
0ヵ月目 キックオフ
2022.04.13
経営力・財務力・組織力を強化し、成長し続ける企業体質を目指す
株式会社ベストウェル × 大阪総合グループ 大阪総合人財経営株式会社
人手不足にある介護業界で、さらなる事業拡大と企業成長を目指す経営者がプロジェクト挑む思いとは?
1ヵ月目 課題見直し
2022.05.11
財務指標から会社の健康状態を測定する
株式会社ベストウェル × 大阪総合グループ 大阪総合人財経営株式会社
自己資本比率と総資産回転率から見えてきた、兵庫県で高齢者向け施設等を運営する企業の経営課題とは?
2ヵ月目 借入金
2022.06.01
借入体質から脱却するための方策を練る
株式会社ベストウェル × 大阪総合グループ 大阪総合人財経営株式会社
いくつかの財務指標に点滅する赤い危険信号。そのサインを安全な青色に転換する方策を探ります。
3ヵ月目 今期着地点
2022.06.22
各施設、全体から今期着地点を予測
株式会社ベストウェル × 大阪総合グループ 大阪総合人財経営株式会社
複数事業所(高齢者施設等)の数字とそれらを合算した全体数字から、今期ランディングポイントを見通します
4ヵ月目 中長期見通し
2022.07.13
実績と予測値から、経過累計を確認
株式会社ベストウェル × 大阪総合グループ 大阪総合人財経営株式会社
「木を見て、森を知らず」にならないよう、事業所・科目・月別に数字を管理する企業が全体を見るコツとは?
5ヵ月目 来期予測
2022.08.03
今期決算の着地点を、より確実なものに
株式会社ベストウェル × 大阪総合グループ 大阪総合人財経営株式会社
「2022年10月着地の24期の全体像が見えてきた今こそ、細かな数字を微調整し、対前年比プラスを確実なものに
6ヵ月目 まとめ
2022.08.24
中期計画で見えた、複数の事業成長の選択肢
株式会社ベストウェル × 大阪総合グループ 大阪総合人財経営株式会社
利益は出るが長期借入の返済がかさみ、キャッシュが増えない…長年の経営課題を突破する方策を探ります
西日本食品工業株式会社
「食で命を育み、子どもたちの明るい笑顔を世界に広げる」を企業理念に掲げる、1950年創業の老舗食品メーカー。主力商品の春雨は、中国に古くから伝わる製法にこだわり、その伝統の技と手作りの味を守り続けている。
0ヵ月目 キックオフ
2022.04.20
適切な数値判断・計画で、安心感と確信をもって経営に携わりたい
西日本食品工業株式会社 ✕ 税理士法人アイ・パートナーズ
伝統の技を守りながら事業のブラッシュアップに取り組む、老舗食品メーカーの3代目が目指す経営とは?
1ヵ月目 課題見直し
2022.05.18
現状を把握し、次なるアプローチを導く
西日本食品工業株式会社 ✕ 税理士法人アイ・パートナーズ
シミュレーションによって明確に示された、老舗食品メーカー3代目社長の鋭い経営感覚とは
2ヵ月目 計画
2022.06.08
今期決算から来期の計画を見通す
西日本食品工業株式会社 ✕ 税理士法人アイ・パートナーズ
シミュレーションで今期・来期決算の着地点を予測。現場視点のデータも生かして今後のアプローチを導く
3ヵ月目 今期計画
2022.06.29
多様な視点から今期計画を見通す
西日本食品工業株式会社 ✕ 税理士法人アイ・パートナーズ
会計上は見えない現場視点の管理データもbixidに反映させ、今期計画の新たな指標とアプローチを導く
4ヵ月目 KPI設定
2022.07.20
KPIをどう設定・管理するか
西日本食品工業株式会社 ✕ 税理士法人アイ・パートナーズ
今期の重点項目をマクロな視点でKPIに設定、詳細な項目は現場サイドのデータでチェックする
5ヵ月目 課題解決
2022.08.10
今期2ヵ月の実績と今後の方向性を確認
西日本食品工業株式会社 ✕ 税理士法人アイ・パートナーズ
今期2・3月の売上実績を計画比でモニタリングし、4月以降の見通しや会計処理の詳細をあらためて確認
6ヵ月目 まとめ
2022.08.31
プロジェクト完了後の展開に向けて
西日本食品工業株式会社 ✕ 税理士法人アイ・パートナーズ
現時点の実績を計画比でモニタリング。資産管理に関するアドバイスとともに、今後に向けた取り組みも共有
無料相談実施中!