2022.04.20
適切な数値判断・計画で、安心感と
確信をもって経営に携わりたい
西日本食品工業株式会社 ✕ 税理士法人アイ・パートナーズ
今回、「bixider経営支援プロジェクト」に参加を表明された熊本県熊本市の西日本食品工業株式会社は、3代目の長田和也氏が代表取締役社長を務める1950年創業の老舗食品メーカーです。

一方、長田社長をサポートするビサイダーとしてマッチングされたのは、経営者に寄り添った成長支援の実績を数多く有する、神奈川県横浜市の税理士法人アイ・パートナーズの税理士 山田諭氏です。

プロジェクトの始動に向けて、熊本(長田氏)と横浜(山田氏)をオンラインでつないで実施されたキックオフミーティング。地理的な距離を超えて両氏が意気投合し、和やかななかにも熱い盛り上がりを見せた顔合わせの様子をリポートします。

老舗の伝統を守りながら、時代のニーズに応える

山田
まず長田社長から西日本食品工業さんの事業内容をご説明いただけますか。
長田社長
祖父が1950年に立ち上げた弊社は、春雨を主力商品とする食品メーカーです。現在、熊本市内の本社工場と東京・大阪の営業所、中国に合弁会社を展開し、3代目の私が会社を引き継いで3期目となります。初代から続く主力商品の春雨は、もともと中国が発祥とされているのですが、中国の昔ながらの伝統製法を維持する春雨メーカーは、日本国内で弊社を含めて4社となっています。
山田
全国でも希少となった伝統製法を、3代にわたって受け継がれているのですね。
長田社長
はい。伝統製法の春雨は、ほとんどの工程が手作業で完全機械化できないため、大量生産は難しいのですが、市場の需要も安定しており、弊社のこだわりとして本場中国の技と味を守っていきたいと思っています。とはいえ、時代の流れに合わせて商品やサービスをブラッシュアップしていかなければ、将来的な事業継続や企業成長は見込めません。そのためにも、これまで卸売が主流だったBtoBの取引だけでなく、BtoCを視野に入れたネット通販や、新商品3品の開発など、今後の展開に向けた新規事業計画を進めているところです。

経営者として抱える3つの課題感

山田
長田社長が先代から会社を受け継がれ、現在3期目とのことですが、実際に企業経営に携わるようになって気づいた課題や、改善・強化したいと感じていることはありますか。
長田社長
そうですね、経営者としての悩みといいますか、今後の課題や成すべきと感じている点は3つほどあります。
1点目は「売上利益の改善・拡大」。
2点目は「社内の組織力・チーム力の強化」。
3点目は「経営や事業計画について相談できる相手がいない」。
いずれも漠然とした課題感なので、具体的な方向性を見出せていないのが現状です。
山田
1点目と2点目については、現在計画を進めていらっしゃるネット通販や、新商品開発などの新規事業にも関わってきますよね。
長田社長
おっしゃる通りです。事業継続や企業成長のために、売上やシェア拡大を目指して新規事業を展開していくうえで、現場の設備拡充やスタッフの増員は不可欠となってくるでしょう。ただ、どこまで設備や人材に投資すれば、どれほどの売上拡大が見込めるのか。そのあたりの数字を正確に把握し、自信を持って経営判断できるようになりたいと…。
山田
そこで相談できる相手がいないのも、やはり不安ですよね。私がお付き合いさせていただいている中小企業経営者のほとんどの方々も、「経営の相談相手がいなくて孤独だ」とおっしゃいます。
長田社長
やはり多くの経営者の方々も、私と同じような不安を感じていらっしゃるのですね。じつは、そうした悩みを抱えて客観的なアドバイスを求めていたことも、今回の経営支援プロジェクトに申し込むきっかけとなったんです。
山田
そうでしたか。私としても、このタイミングで長田社長とご縁ができたことを大変うれしく思いますし、全力を尽くしてお役に立ちたいと、ますます闘志が湧いてきました!

目標とする数字は「自己資本比率70%」

山田
ところで、長田社長はすでにbixidをお使いとのことですが、実際に利用されてどう思われましたか。
長田社長
知人から紹介されたのがきっかけで使い始め、すぐに「これは面白い!」と感じました。いつでもどこでも会社の数字が確認できますし、極端な話、街を歩きながらでも総勘定元帳の中身まで見られて計画も立てやすい。今回のプロジェクトに応募したのも、ビサイダーのアドバイスを受けながら、このソフトをフルに使いこなしたいと思ったからです。
山田
貴重なご意見、ありがとうございます。ソフトの使い方などについても不明な点があれば、何でもご質問ください。そのほか、長田社長が今回のプロジェクトで実現したいことがあればお聞かせください。
長田社長
まずは、現状の実績の妥当性を、客観的な視点で把握すること。そのうえで、未来に対する手の打ち方をご教授いただきながら、安心感と確信をもって経営に携われるようになりたいと思っています。最終的な目標としては、自己資本比率70%という数字を自分なりにイメージしているのですが、山田先生としてはどう思われますか。
山田
とても前向きな目標設定だと思います。まずはとにかく具体的な数字を明確にもつことは実現への第一歩となります。長田社長も積極的に数字と向き合っておられますし、bixidというツールを使えば経営を完全に見える化できますので、私自身も「いい結果を出そう!」と勝手に熱くなってしまいました(笑)。
長田社長
いや~、そう言っていただけると本当に心強いです! 今後のプロジェクト展開がますます楽しみになってきました。ぜひ次回からもよろしくお願いいたします。
山田
こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします!
遠く離れた熊本と横浜をオンラインで結ぶ「bixider経営支援プロジェクト」。強い意志をもって目標の実現に向かう長田社長と、その思いをガッチリと受け止めた山田税理士の熱き挑戦が、いよいよ次回から本格始動します。どうぞお楽しみに!
おかもとさん(YKプランニングのしゃちょう)コメント
今回のbixider経営支援プロジェクトは3組の中でも最も距離の離れた(直線距離880km)熊本市と横浜市のペアとなりました。コロナが与えた経済的ダメージと引き換えに、世界中でウェブでのミーティングが日常的になった今日、距離感を一切感じさせない両社の滑り出しはこれからの中小企業の新しいビジネススタイルとしてスタンダードになりそうな予感がします。次回の内容も乞うご期待!
bixid「モニタリング」の特徴
数字の並べ方を工夫したりグラフにしたり色を付けたりすることで直感的に理解できます。これに慣れると、ただ単に数字が羅列されている試算表には戻れなくなります。
機能の詳細はこちら
食品製造・輸入・販売 | 熊本県熊本市
西日本食品工業株式会社
「食で命を育み、子どもたちの明るい笑顔を世界に広げる」を企業理念に掲げる、1950年創業の老舗食品メーカー。主力商品の春雨は、中国に古くから伝わる製法にこだわり、その伝統の技と手作りの味を守り続けている。
代表取締役:長田 和也
本社所在地:熊本県熊本市
創業:1950年
事業内容:春雨や粉物などの食品製造・輸入・販売
プロジェクト参加企業さま
有限会社まるみや
大口ユーザーをもつ地域密着優良企業として、「食」を通した幅広い事業を展開。自社製造工場を持つ利点を生かし、老舗ながらも、新規サービスなどの事業拡大に意欲的に努めている。
0ヵ月目 キックオフ
2022.04.06
コロナ禍で売上減少。経営を見直し、体質強化は“いま”と決断
有限会社まるみや × 岡憲一郎税理士事務所
大分の老舗仕出し企業が取り組んだ古い体質からの脱却と経営強化。その模様をレポートします!
1ヵ月目 課題見直し
2022.04.27
自分自身を知り尽くし、来期を見通す
有限会社まるみや × 岡憲一郎税理士事務所
数値を積み重ねることで見えてきた本当の経営状況。そこには思いもよらない結果が待っていた。
2ヵ月目 原価率
2022.05.25
原価率を把握すると自然と利益は見えてくる
有限会社まるみや × 岡憲一郎税理士事務所
高回転率商品の生命線となる“原価”を突き詰めていくと、把握しづらかった利益の実態が見えてきます。
3ヵ月目 売上戦略
2022.06.15
前期の数字から、今期の売上戦略を練る
有限会社まるみや × 岡憲一郎税理士事務所
店舗・商品カテゴリ別に細分化された前期実績を精査しながら、今期の売上戦略を練っていきます
4ヵ月目 当期売上計画
2022.07.06
見込概数から、当期売上計画を策定
有限会社まるみや × 岡憲一郎税理士事務所
弁当の月別予測販売個数を算出。コロナ禍や材料費高騰を乗りきり、当期の売上を積み増すための仕掛けとは?
5ヵ月目 売上目標
2022.07.27
売上・利益を左右する原価率
有限会社まるみや × 岡憲一郎税理士事務所
売上・利益を左右する原価率をどうとらえるか。このとらえ方が利益を積み増していくカギになります。
6ヵ月目 まとめ
2022.08.17
プロジェクトでの学びを糧に、さらなる成長を
有限会社まるみや × 岡憲一郎税理士事務所
ついに密着取材最終回! 経営・財務への探究心が高まる(有)まるみやの原田社長と、この6か月間を振り返ります。
株式会社ベストウェル
兵庫県内に高齢者向けの介護施設を多数展開し、地域に密着した質の高い介護サービスを提供。企業理念は「誠実さと思いやり」「心と体への貢献」「従業員の幸福と社会への貢献」
0ヵ月目 キックオフ
2022.04.13
経営力・財務力・組織力を強化し、成長し続ける企業体質を目指す
株式会社ベストウェル × 大阪総合グループ 大阪総合人財経営株式会社
人手不足にある介護業界で、さらなる事業拡大と企業成長を目指す経営者がプロジェクト挑む思いとは?
1ヵ月目 課題見直し
2022.05.11
財務指標から会社の健康状態を測定する
株式会社ベストウェル × 大阪総合グループ 大阪総合人財経営株式会社
自己資本比率と総資産回転率から見えてきた、兵庫県で高齢者向け施設等を運営する企業の経営課題とは?
2ヵ月目 借入金
2022.06.01
借入体質から脱却するための方策を練る
株式会社ベストウェル × 大阪総合グループ 大阪総合人財経営株式会社
いくつかの財務指標に点滅する赤い危険信号。そのサインを安全な青色に転換する方策を探ります。
3ヵ月目 今期着地点
2022.06.22
各施設、全体から今期着地点を予測
株式会社ベストウェル × 大阪総合グループ 大阪総合人財経営株式会社
複数事業所(高齢者施設等)の数字とそれらを合算した全体数字から、今期ランディングポイントを見通します
4ヵ月目 中長期見通し
2022.07.13
実績と予測値から、経過累計を確認
株式会社ベストウェル × 大阪総合グループ 大阪総合人財経営株式会社
「木を見て、森を知らず」にならないよう、事業所・科目・月別に数字を管理する企業が全体を見るコツとは?
5ヵ月目 来期予測
2022.08.03
今期決算の着地点を、より確実なものに
株式会社ベストウェル × 大阪総合グループ 大阪総合人財経営株式会社
「2022年10月着地の24期の全体像が見えてきた今こそ、細かな数字を微調整し、対前年比プラスを確実なものに
6ヵ月目 まとめ
2022.08.24
中期計画で見えた、複数の事業成長の選択肢
株式会社ベストウェル × 大阪総合グループ 大阪総合人財経営株式会社
利益は出るが長期借入の返済がかさみ、キャッシュが増えない…長年の経営課題を突破する方策を探ります
西日本食品工業株式会社
「食で命を育み、子どもたちの明るい笑顔を世界に広げる」を企業理念に掲げる、1950年創業の老舗食品メーカー。主力商品の春雨は、中国に古くから伝わる製法にこだわり、その伝統の技と手作りの味を守り続けている。
0ヵ月目 キックオフ
2022.04.20
適切な数値判断・計画で、安心感と確信をもって経営に携わりたい
西日本食品工業株式会社 ✕ 税理士法人アイ・パートナーズ
伝統の技を守りながら事業のブラッシュアップに取り組む、老舗食品メーカーの3代目が目指す経営とは?
1ヵ月目 課題見直し
2022.05.18
現状を把握し、次なるアプローチを導く
西日本食品工業株式会社 ✕ 税理士法人アイ・パートナーズ
シミュレーションによって明確に示された、老舗食品メーカー3代目社長の鋭い経営感覚とは
2ヵ月目 計画
2022.06.08
今期決算から来期の計画を見通す
西日本食品工業株式会社 ✕ 税理士法人アイ・パートナーズ
シミュレーションで今期・来期決算の着地点を予測。現場視点のデータも生かして今後のアプローチを導く
3ヵ月目 今期計画
2022.06.29
多様な視点から今期計画を見通す
西日本食品工業株式会社 ✕ 税理士法人アイ・パートナーズ
会計上は見えない現場視点の管理データもbixidに反映させ、今期計画の新たな指標とアプローチを導く
4ヵ月目 KPI設定
2022.07.20
KPIをどう設定・管理するか
西日本食品工業株式会社 ✕ 税理士法人アイ・パートナーズ
今期の重点項目をマクロな視点でKPIに設定、詳細な項目は現場サイドのデータでチェックする
5ヵ月目 課題解決
2022.08.10
今期2ヵ月の実績と今後の方向性を確認
西日本食品工業株式会社 ✕ 税理士法人アイ・パートナーズ
今期2・3月の売上実績を計画比でモニタリングし、4月以降の見通しや会計処理の詳細をあらためて確認
6ヵ月目 まとめ
2022.08.31
プロジェクト完了後の展開に向けて
西日本食品工業株式会社 ✕ 税理士法人アイ・パートナーズ
現時点の実績を計画比でモニタリング。資産管理に関するアドバイスとともに、今後に向けた取り組みも共有
無料相談実施中!