2022.04.06
コロナ禍で売上減少。
経営を見直し、体質強化は“いま”と決断
有限会社まるみや ✕ bixider 岡憲一郎税理士
今回、「bixider経営支援プロジェクト」に参加くださったのは、大分県の有限会社まるみやです。

大分市に本社を置く有限会社まるみやは、地産を積極的に活用した仕出し業務を主に、寿司・総菜・お弁当など大分県の老舗百貨店トキハに2店舗を展開している、長きにわたって地元の人々に愛されてきた老舗仕出し企業です。

一方、bixider(ビサイダー)としてまるみや様の経営を支援するのは、高松市の岡憲一郎税理士事務所です。岡憲一郎税理士が代表を務める同所は、小規模ゆえの機動力を強みとし、EC事業やデジタル事業をはじめとする幅広いジャンルを守備範囲とします。

「bixider経営支援プロジェクト」の顔合わせは、香川県と大分県をつなぐオンラインミーティングで実施されました。

プロジェクトに名乗りをあげた、老舗仕出し企業

有限会社まるみやの代表取締役社長 原田政直氏と、bixider(ビサイダー)である岡憲一郎税理士事務所の岡憲一郎氏はパソコンの画面越しにあいさつを交わした後、岡氏から質問が投げられる形で顔合わせはスタート。

これから一年にわたりタッグを組むことになった両者ですが、キックオフとなる顔合わせの場で、どのような会話が交わされたのでしょうか。
最初にあらためて、まるみやさんの事業内容を教えてくださいますか。
原田社長
弊社は仕出し事業を主とする昭和6(1931)年創業の会社です。大分では古くからまとまった数のお弁当を製造する企業がなかったため、大分国体や別府大分毎日マラソンなどの大規模イベントでは、開催当初から弊社がお弁当類の製造を担当させていただいていました。そのほか冠婚葬祭の仕出しや、県内の老舗百貨店トキハ内に2店舗を運営しながら、大分のおふくろの味を各種揃えた惣菜・弁当店を展開しています。
90年にわたって大分の食文化を支えてきたのですね。
原田社長
おかげさまで地域に根ざしたさまざまな事業を、“食”を通して展開させていただいております。
お弁当やお惣菜は自社で製造されているのですか?
原田社長
はい。原材料となる食材の選別や調達をはじめ、商品のほとんどを自社工場で製造しています。ところが、この一年あまりはコロナの影響によって、弊社の売上の大半を占める大規模イベントが中止になったうえに冠婚葬祭の件数も激減し、創業以来の危機的状況に陥ることになりました。
ご苦労が多かったと思いますが、銀行から融資は受けられましたか?
原田社長
国の事業再構築補助金に申請しました。ところが、申請に伴う事業計画書の作成時に、欲しい数字がすぐに確認・入手できなかったんです。そうしたことをきっかけに、社長である私が、財務状況や数字のあり方をきちんと把握できていない至らなさを思い知ることになりまして。
それで事業計画はどうされたのでしょうか?
原田社長
事業再構築補助金の申請に際して新規事業を立案でき、無事に稼働に至っています。でも、補助金の申請を機に思ったことは、中長期の経営方針を定めていくには、弊社が抱えている課題を解決し、古い企業体質を改善することの必要性でした。
直近の経営課題だけでなく、10年後、20年後を見すえた体質改善に取り組もうと考えられたわけですね。
原田社長
はい。どうせやるなら因数分解のレベルで会社の財務状況を顕在化させよう…と。それと同時に、評価制度や雇用形態等の再構築にも着手し、さまざまな数字を従業員全員と共有できる風通しのよい会社にもしたいと考えたんです。

コロナ禍で気づいた、大切なこと

コロナで売上が落ちて、従業員の方はどんなご様子でしたか?
原田社長
弁当や惣菜を作る仕事って、どうしても目の前の作業に追われますので、会社の今期の売上がどれくらいで、昨年と比較して伸びているのかどうかという意識は、これまでほとんどの従業員になかったと思います。でも、コロナ禍で経営が大変な状態に陥っていることを、多くの従業員が肌で感じ始めたんですね。それは当然で何十年も続いていたイベントがなくなってしまい、工場での弁当の製造数も激減したわけですから。そんな中、会社の内情を心配した中堅社員が「どれだけ大変なのか」「どんなことをしたら売上を伸ばせるか」と、私に直接尋ねてくれたんです。
素晴らしい社員に恵まれていますね。
原田社長
本当にありがたかったですね。それに、会社の舵取りを長くしていると予期せぬことがたくさん起きるものですが、「もし次に、コロナのような危機的状況に見舞われたとき、そのピンチを乗り越えられるだろうか」と自問してみたんです。でも、明快な答えが自分のなかで出なかった。それで、不測の事態に備えてまるみやの企業体質を強化しておくのであれば、そのタイミングは“いま”なのではないか…と。
いろいろなことが重なって、経営の見直しの必要性を強く感じられたのですね。
原田社長
はい。それでどこから手をつけていくべきかとあれこれ考えだしたら、財務の透明化はもちろん、全従業員を対象にした評価制度の構築、古い雇用形態からの脱却など、やるべきことがたくさんあって、これは大変だぞと(汗)。

お互いを知り、次回から本格始動!

bixider経営支援プロジェクトに応募されたのはどういう理由からですか?
原田社長
サイトで見たとき、弊社のような老舗でもとりかかりやすい点がよかったですし、bixidの経営支援の内容と、弊社のニーズが一致している点が多いと感じました。
ありがとうございます。私のほうでもまるみやさんの企業情報を事前にさまざま確認させていただきましたが、これからは社長様のご要望に沿ってフレキシブルな対応で、サポートできればと考えています。よろしくお願いします。
原田社長
こちらこそよろしくお願いします。
大分と香川で距離はありますが、どちらも風光明媚な土地柄で温かい人柄の人が多い魅力あふれる地域ですし、同じような悩みを抱える全国の経営者の方々に、私たちの取り組みを大分・香川から発信していけたらいいですね。今日はお忙しいなか、ありがとうございました。
原田社長
温泉が魅力の大分と、うどんがおいしい香川なんて、素晴らしいマッチングですし、ご縁ができましたことを光栄に思っています。これからまるみやのことを、よろしくお願いいたします。
遠く離れた大分と香川をオンラインでつなぎ始まった、bixider経営支援プロジェクト。
原田社長の深くて大きな会社愛と従業員愛と、次回から本格的に始まる高揚感が、ネット越しから伝わってきました。次回もお楽しみに!
おかもとさん(YKプランニングのしゃちょう)コメント
大分県の老舗仕出し屋社長と、香川県の若手税理士。これまでの延長線上で経営を行っていたならば絶対に出会うことなかった2人が、当企画を通じて運命的な出会いを果たしました。これからbixidを活用してお互いの経営にどのような化学反応を起こすかとても興味深いマッチングです。次回は1カ月以内の面談内容をレポートします。どのような課題が見えてくるのか?乞うご期待!
bixid「モニタリング」の特徴
数字の並べ方を工夫したりグラフにしたり色を付けたりすることで直感的に理解できます。これに慣れると、ただ単に数字が羅列されている試算表には戻れなくなります。
機能の詳細はこちら
仕出し、弁当、寿司、オードブル | 大分県大分市
有限会社まるみや
大口ユーザーをもつ地域密着優良企業として、「食」を通した幅広い事業を展開。自社製造工場を持つ利点を生かし、老舗ながらも、新規サービスなどの事業拡大に意欲的に努めている。
代表取締役:原田 政直
本社所在地:大分県大分市
創業:1931年5月(昭和6年)
従業員数:約50人(本社・スーパー・工場)
事業内容:仕出し、弁当・惣菜製造・小売
プロジェクト参加企業さま
株式会社ベストウェル
兵庫県内に高齢者向けの介護施設を多数展開し、地域に密着した質の高い介護サービスを提供。企業理念は「誠実さと思いやり」「心と体への貢献」「従業員の幸福と社会への貢献」
西日本食品工業株式会社
「食で命を育み、子どもたちの明るい笑顔を世界に広げる」を企業理念に掲げる、1950年創業の老舗食品メーカー。主力商品の春雨は、中国に古くから伝わる製法にこだわり、その伝統の技と手作りの味を守り続けている。
無料相談実施中!