経営の見える化・強靭化を実現する

気になる課題をクリック

経理強化・効率化・高速化 経営情報の共有化 経営状況の見える化 経営目標の明確化 組織力強化・育成
特徴
  • ・経理業務の合理化で月次決算の高速化が可能
  • ・経理担当者のスキルアップが可能

約300種類のチェック項目に沿って、AIが会計データを自動でチェックします。 入力ミス、計上漏れ、税務判断が必要な取引などが抽出され、素早く対処することで、より早く正確な月次決算が可能となります。
チェック項目をカスタマイズすることで、経理特性や課題に合わせた運用ができます。

  • ・スマホやタブレット、PCでどこでも把握可能
  • ・会計ソフトが入っていない環境でも把握可能
  • ・管理資料のペーパーレス化が可能

経理を会計事務所にお願いしている場合でも、会計事務所にデータをアップしてもらうだけで、いつでもどこでも好きな時に数字を閲覧可能になります。社内で経理をしている場合は日常的にデータをアップしてもらうだけでタイムリーに情報を把握できるようになります。

  • ・利益状況や資金状況の正確な把握が可能
  • ・経営課題の顕在化が可能
  • ・部門別や全社の計画進捗管理が可能

利益やキャッシュフロー状況を正確に把握することが可能となります。経営状況を正しく把握することで、経営課題が明確になり、改善に向けてとるべき行動が見えてきます。 会計に苦手意識がある方や、これから経営に参画する後継者や幹部社員の方も今以上に、経営について深く考えることができます。

  • ・目標とする数値計画と行動の明確化が可能
  • ・将来の資金繰りを予測可能
  • ・部門別に計画を検討可能

経営計画を策定することで、将来ビジョンを明確にし、目標達成に向けてとるべき行動が見えてきます。計画自動作成機能によるサポートで、効率的かつ簡単に会社の将来を考えることができます。 後継者や幹部社員の方々と協同で計画を検討し、目標を共有化することも重要です。

  • ・組織力を強化できる
  • ・業務目標の管理ができる
  • ・社員の目標と評価を明確にできる

経営目標を達成するために、部署やチーム、個人単位でも目標を設定して管理することができます。経営層だけなく、リーダーや一般社員にも目標と進捗を共有し、一丸となって経営目標達成に向けて進む体制を構築できます。

bixidの機能で解決しましょう!
以下の機能で解決!
会計基本帳票

「合計残高試算表・合計残高推移表・合計残高比較表」「総勘定元帳」「仕訳日記帳」など、会社の数字を把握できる基本的な帳票が閲覧・出力できます。会計データに部門情報がある場合、部門別に数字を把握することもできます。

部門別に対応
スマホアプリ

「モニタリング」やコストの内訳を見ることができます。ログインすれば移動中でも会社の経営状況が把握できます。

アプリ利用
決算診断

同業他社(ライバル)と比較して自社の強み・弱みを知ることができ、会社の健康状態をbi-boの体を使って分かりやすく把握できます。中小企業庁が発表している「中小企業実態基本調査」をライバルとして数値比較します。

簡易五ヵ年シミュレーション

5ヵ年の会社数値を簡易予測できます。4つの質問に答えてシミュレーションする「入力モード」と、単純に売上5%ダウンした場合をシミュレーションする「簡易モード」があります。

経営計画

企業経営のPDCAを支える「計画」をスピーディーに作成する機能が「経営計画」です。月次で予算を作成する「単年月次計画」と年次で予算を作成する「中期年次計画」を使って、数値計画とそれに対する行動計画を作成することができます。また、部門別に計画策定と予算管理も可能です。

部門別に対応
モニタリング

利益・資金・資産の状況がボックス図で表現されるため、一目で経営状況を把握することができます。さらに、部門の状況を把握することもでき、「経営計画」で作成した部門別の計画数値と対比することで、進捗管理が可能です。

部門別に対応
KPI管理

ご用意しているKPIテンプレートをカスタマイズすることで、簡単に使い始めることができます。また、財務情報と紐づく項目を設定すれば、会計データのインポートをすることで自動的に数値が入力されます。KPIは自動でグラフ化され、リアルタイムな進捗確認が可能です。

コメント・TODO

計画値の根拠やモニタリングの利用を通じて顕在化した経営課題などをコメントとして記録できます。さらに、コメントをToDo登録することで行動計画として実行管理することも可能です。

接続アカウント管理

何名でも無料でユーザーを招待して、経営目標や課題を共有することが可能です。 ユーザーごとに権限を設定することで、共有する情報もコントロールできます。

会計データチェック

日常作成される会計データが適切に処理されているかをチェックし、エラー・確認事項を検知し提示します。システムでチェックを行うことで監査時間を大幅に削減できます。預金残高の確認、売掛金残高の確認、また残高不一致、入力漏れなど、専門性の低い内容を企業側がセルフチェックすることで、経理レベルを上げることができます。

まずは簡単にbixidを登録しましょう
会計データをアップロードしましょう

bixidで会社の経営状況を把握したり経営計画をたてるためには「会計データ」が必要となります。 bixidに会計データをアップロードして、かかえている課題を解決しましょう!
※一部機能で会計データがなくても利用可能です

会計データアップロード
会計データが手元にない場合

bixidに会計データを持っている人を招待して、会計データをアップロードしてもらいましょう! KPI管理機能のみ利用したい場合は、会計データをアップロードせずそのままお使いいただけます。

招待
他の課題の解決方法も見る
活用サポートコンテンツも用意しています!