Twitter Facebook
CLOSE

いつの時代もトップレベルの経営支援を。

日本経営グループ 日本経営ウィル税理士法人
大阪事務所 代表社員税理士:吉本 英明 様
トータルソリューション事業部 課長:志村 元隆 様
トータルソリューション事業部 チームリーダー: 近藤 和也 様
貴社の強みや特長を教えてください。
吉本様:弊社では、「ゆりかごから墓場まで」お客様の永続的な成長発展を支援するために、お客様の悩みを総合的にサポートし、お客様の意思や心情を汲み取って心に寄り添う、真のプロ集団として業務に取り組んでおります。税務会計においては6事業部あり、その中でも企業支援としてはトータルソリューション事業部が担当しております。税務は当然ですが、経営支援・事業承継・M&A・組織再編・海外進出・不動産活用などのさまざまなご相談にお応えしております。あらゆるニーズにお応えできるよう、税理士だけではなく、弁護士・司法書士・行政書士なども所属しており、税務会計にとどまらず、多岐にわたる悩みに応じる「プロフェッショナル集団」としてトータル的にお客様をサポートできる体制を構築しているのが特長です。
顧問先企業のサポートについて、もっとも重視している点はございますか。
吉本様:お客様にとって最適なことは何かを常に考え、トップレベルの提案をすることを重視しております。お客様のご要望をそのまま実行しても、お客様のためにならないことも中にはあるので、本当にベストな方法は何かを常に考えて提案するようにしています。また、お客様に喜んでいただきたいという思いが根底にございますので、そのために社員教育として人間性向上に向けた取り組みもしております。お客様に喜んでいただくには、まず身近な人を喜ばせられる人間になる必要があるという経営理念が根底にあります。
吉本様
bixidを顧問先企業支援で導入したきっかけは何ですか。
志村様:もともと財務維新を導入しており、属人化の解消や、監査の質の向上に役立てておりました。数年経った頃にbixidがリリースされ、当初は検討しておりませんでしたが、経営計画策定・モニタリング・Todoリスト・PDCA管理などの機能拡充のタイミングで注目するようになりました。さらに、コロナの影響や5Gなど時代の変動によってお客様のニーズが変化していくと感じ、業務の標準化やクラウド化、そしてテレワーク対応の重要性を感じ、bixidの導入を検討するようになりました。
吉本様:これからは経営の観点からお客様と関わることが重要になると考えています。以前から、会計事務所業界では課題視されていた部分ですが、実際にはまだまだ業界的に取り組めていないと感じています。経営支援に入り込むには、お客様が数字に関心を持つことができ、かつ担当者が経営の話をするための道具が必要だと感じています。そのための道具としてbixidは最適だと判断しました。
近藤様:複数拠点ある企業様は、リモートでWEB会議をされていることが多いですが、bixidはPC越しに数字を把握したり、予算をリアルタイムに共有したいというニーズにお応えできます。会議の質・予実管理の質が上がるので、どんどん薦めていきたいと思っています。
bixid導入後、サービス内容にどのような差が生まれましたか。
また、bixidへの顧問先企業の反応(成果)はいかがですか。
志村様:WEB上でお客様とやり取りする機会が増えてきており、画面をそのまま見てもらえるので非常にイメージが湧きやすいように感じます。紙よりbixidで報告した方が、反応が良い印象ですね。記帳代行のお客様においては、数字に対する感度が変わりました。毎月データをアップロードして共有していることがきっかけになっていると思います。また、決算の報告も事前共有ができるので、ムダがなくなり工数が削減されました、報告の質が変わりましたね。
近藤様:私のお客様からは、会計ソフトだと細か過ぎて見づらかったけれど、bixidは経営視点を踏まえた構成になっているので、数字が見やすいという声をいただきました。また、現在bixidをご提案中のお客様の中で、会議資料を作成するのに時間がかかるという経理担当の方がいらっしゃり、bixidで資料が共有できれば助かるというお声もいただいています。こういったことが実現してくると生産性向上・経理業務の効率化に繋がると想定しています。
志村様
近藤様
最後に、今後の展望をお知らせください。
吉本様:一般企業のお客様については、bixidのようなクラウドシステムでやり取りできるようにするのが今後の流れになってくると思っていますので、お客様に対し将来的には100%導入を目標として活用を進めていきたいです。試算表を作成して紙で資料の説明をするという従来のスタイルは、なくなっていくだろうと考えています。これからは、データを共有して、いつでも手元で数字を見ることができる時代になると思うので、bixidを推奨していきたいです。
志村様:今後どんどん時代が変わる中で、お客様に入り込んだ支援をしていきたいと考えています。時代が変わってもお客様のニーズに対応できるようにしていきたいです。また、bixidを活用した所内の生産性向上や品質向上はもちろんですが、きちんとお客様へのご指導をすることで、本当の意味での永続発展に繋がる仕組みを、しっかり構築して提供していきたいです。
日本経営グループ 日本経営ウィル税理士法人 様
業務形態:税理士法人/法人
業  種:サービス業
事業概要:税務顧問、会計顧問、税務申告業務(所得税・法人税・消費税・相続税)、相続対策・事業承継対策、医業会計、社会福祉法人会計、公益法人会計、組織再編税務・連結納税、国際税務、事業再生、M&A、IPO(株式公開)、信託など。
所在地:大阪本社:〒561-8510 大阪府豊中市寺内2-13-3 日本経営ビル
設立:1967年
社員数:316名
インタビュー協力:
大阪事務所 代表社員税理士:吉本 英明 様 トータルソリューション事業部 課長:志村 元隆 様 トータルソリューション事業部 チームリーダー:近藤 和也 様