ビジュアル
レポート

bixid上に会計データをアップロードすれば
いつでもどこでも、会社の数字を
把握することができます。
モニタリング
誰でも簡単に「月次決算」
利益・資金・資産の状況がボックス図で表現されるため、一目で経営状況を把握することができます。また、アシストロボットの「bi-bo(ビーボ)」が確認すべきポイントを解説してくれるため、財務が得意でない方も安心してご利用いただけます。さらに、部門の状況を把握することもでき、「経営計画」で作成した部門別の計画数値と対比することで、進捗管理が可能です。
月次レポート
キャッシュフローの見える化
グラフと表を使った多彩なビジュアルレポートで経営を可視化します。各種の2期比較や推移表はもちろん、経費TOP10などのグラフも見られます。
基本帳票
「合計残高試算表・合計残高推移表・合計残高比較表」「総勘定元帳」「仕訳日記帳」など、会社の数字を把握できる基本的な帳票が閲覧・出力できます。
カウンセリング
「モニタリング」で売上を把握するためのビジュアルレポートを選んだり、会社にとって注目すべきコストを定点観測するための設定ができます。
bixid channel
「モニタリング」や「月次レポート」などで使われている会計用語を分かりやすい1分動画で解説します。また、会計用語以外にも財務分析の用語や、bixidの使い方がわかる動画をたくさんご用意しています。
スマホアプリ
マルチデバイス対応
「モニタリング」やコストの内訳を見ることができます。ログインすれば移動中でも会社の経営状況が把握できます。

経営分析・経営計画

アシストロボットの「bi-bo(ビーボ)」が
経営者のパートナーとして
会計データを分析し
わかりやすく報告してくれます。
決算診断
同業他社(ライバル)と比較して自社の強み・弱みを知ることができ、会社の健康状態をbi-boの体を使って分かりやすく把握できます。中小企業庁が発表している「中小企業実態基本調査」をライバルとして数値比較します。
bixidを体験する
簡易五ヵ年シミュレーション
5ヵ年の会社数値を簡易予測できます。4つの質問に答えてシミュレーションする「入力モード」と、単純に売上5%ダウンした場合をシミュレーションする「簡易モード」があります。
bixidを体験する
自社分析
bixid上で質問事項に回答するだけで、自社の「強み弱み」「性質」が見える化でき、経営者が自社のことを見つめ直すきっかけとなります。回答中に気になった質問にブックマークやメモを残すことも可能です。(解説ページもリリース予定)
経営計画
経営計画を簡単にシミュレーション
部門別管理で組織の強靭化
企業経営のPDCAを支える「計画」をスピーディーに作成する機能が「経営計画」です。月次で予算を作成する「単年月次計画」と年次で予算を作成する「中期年次計画」を使って、数値計画とそれに対する行動計画を作成することができます。
策定後は毎月「モニタリング」機能を活用し、予実管理を行うことができます。6つの自動作成機能を活用し、PDCAの高速化を実現します。また、部門単位で作成することも可能です。
KPI管理
ご用意しているKPIテンプレートをカスタマイズすることで、簡単に使い始めることができます。また、財務情報と紐づく項目を設定すれば、会計データのインポートをすることで自動的に数値が入力されます。KPIレポートは自動でグラフ化され、リアルタイムな進捗確認が可能です。

コミュニケーション

bixid内で、各種レポートや
社内間・企業間でのチャットなど
様々な方とのやり取りが可能です。
外部共有機能
外部との情報共有が楽にできる
情報共有したい方のアカウントを招待することで、社外の方とも財務状況の共有を簡単におこなうことができます。各種閲覧権限を設定することが可能なので、共有したい範囲を指定できます。
チャット
社内間チャット…社内間でのやり取りができ、すぐに情報共有をすることができます。
企業間チャット…社外の財務相談先(会計事務所等)と直接やり取りができ、手軽にコミュニケーションをとることができます。

オプション

レギュラーサービスにプラスして利用できる「有料サービス」です。
bixid(ビサイド)をより便利に利用することができます。
会計データチェック
有料オプションとして、日常作成される会計データが適切に処理されているかをチェックし、エラー・確認事項を検知し提示する「会計データチェック」があります。 システムでチェックを行うことで監査時間を大幅に削減できます。 預金残高の確認、売掛金残高の確認、また残高不一致、入力漏れなど、専門性の低い内容は企業側がセルフチェックすることで、企業の経理レベルを上げることができます。
一般企業の方はこちら
会計事務所の方はこちら
合算機能
グループ企業間の会計データ入手、数値入力、勘定科目の統一、合算集計、内部取引の調整などの一連の面倒な手作業を排除し、手間なく短時間で合算集計することが可能です。これにより、グループ経営数値をタイムリーに『見える化』することが可能となり、グループ全体の経営判断を迅速に行う環境をご提供いたします。
機能の詳細はこちら
資金繰りオプション
会社の現預金の収入や支出を入力するだけで「資金繰り表」を簡単に作成でき、毎月の資金予測と実績の要因分析で会社にとって理想的な資金繰り管理が行えます。将来の資金不足の時期を見極め、資金調達のタイミングを予測することが可能です。会社の資金繰りを見える化し、将来を見据えた会社の資金予測分析が行える環境をご提供いたします。
機能の詳細はこちら