BLOG bixid

月次決算・経営管理を簡単にする
bixidオフィシャルブログ

決算書は「点と線」

2021/2/25
経営分析 会計・財務

こんにちは。YKプランニング代表取締役社長の岡本です。

決算書には「貸借対照表(BS)」「損益計算書(PL)」があります。
今回は、その2つの情報が企業経営において何を表しているのかご説明します。

突然ですが、故松本清張氏の不朽の名作「点と線」をご存知でしょうか。東京・福岡・北海道を舞台に寝台特急の時刻表がカギとなる長編推理小説で、子供の頃から電車好きだった私は、時刻表トリックを使ったいろんな推理小説を読んでは、知らない土地を旅する妄想を楽しんでいました。
それはさておき…

今回のタイトル「決算書は『点と線』」は、難解な事件(=決算書)を明らかにするための重要なキーワードなのです。

あなたはどうやってゴールする?

あなたはどうやってゴールする?

1つの架空実験を例にしてご説明します。
あなたを含めた4人の参加者が東京駅に招集されました。
舞台は202X年4月1日AM0:00。参加者全員に現金10万円が手渡され、1か月後の202X年4月30日PM11:59に博多駅に集合するというミッションが発動されました。
博多駅までのルートは自由に決めることができます。電車である必要はありません。途中どこに立ち寄っても、何をしてもかまいませんが、自宅での寝泊まりは禁止です。
なお、「早く着いたほうが勝ち」とか「所持金を多く残したほうが勝ち」という勝負ではありません。

さて、あなたならどうやって1か月後に博多駅でゴールを迎えますか?

(ピンポンパンポーン)それでは実験スタートです。

と、いうことで…
202X年4月30日のPM11:59になりました。全員無事に博多駅に集まっているようです。
まず最初に、みんなの所持金について確認してみます。

あなたはどうやってゴールする?

現在の所持金が各々違いますね。この結果についてインタビューしてみましょう。
【鳥飼さん(45歳 男性)】
所持金:10万円⇒10万円
子供の頃から真面目で堅実。口癖は「精進します」。

質問:お金は使わなかったのですか?
鳥飼:お金は使いましたよ。4月1日の始発の新幹線で博多に移動しました。
博多は学生時代に過ごした街なので、何の躊躇もなく向かいました。それから、学生時代にお世話になっていたアパートの大家さんにお願いして、月5万円で部屋を借りて、博多での生活を満喫していました。渡された10万円は、返さないといけないかもしれないと思い、ミッション終了日までに10万円が手元に残るように、バイトしました。学生時代にバイトしていた居酒屋に事情を話したらすぐに雇ってくれまして。結局1か月間のバイト代が新幹線代や家賃、その他の生活費とほぼ同額だったので、結果的に10万円には手を付けなかった感じですね。学生時代に帰ったみたいで楽しかったです。

【小雪さん(32歳 女性)】
所持金:10万円⇒1万円
好奇心旺盛で何事にもポジティブ。口癖は「みんなで楽しもう」。

質問:1万円が残っているのには理由があるのですか?
小雪:1日3,000円×30日で9万円を使うように計算して行動しました。東京から博多まで約1,200kmくらいなので、1日平均40kmずつ西へ移動すればいいですよね。このミッションのことを友達に話したら、みんなが協力してくれまして、東京-博多間に住んでいる友達の家をはしごしながら、1日3,000円で移動と食費を賄うことを目標に行動しました。持つべきものは友達だなって改めて感じましたね。
あくまでも目安は決めていましたが、途中京都に3連泊したり、四国に船で渡ったりと寄り道もしましたよ。1日の予算と1日の移動目標がわかっていたのでしっかり調整しながら無事に到着できました。

【安田さん(27歳 男性)】
所持金:10万円⇒25万円
楽天的でギャンブル好き。口癖は「何とかなるさ」。

質問:なぜお金が増えているのですか?
安田:ミッション開始時に配られた10万円は、既にあった借金8万円をとりあえず返済しておこうと思って、返済に使っちゃいました。残りの2万円は競馬に突っ込んで、なんと20万円ゲット。俺、持ってるなぁ。そのまま羽田から札幌に飛んだね。うまいものたくさん食べて、のんびり温泉につかって、そりゃ最高でしたよ。でも気がついたら28日にお金がゼロになってて。 (泣)
しょうがないから街金で5万借りて、札幌から福岡に入ったよ。今日の夜まで時間があったし、5千円くらい残ってたんで、さっき競艇に行ったんですよ。じゃあ25万勝っちゃってね。やっぱ俺って持ってるわぁ。あ、借金5万円返済したら20万円残るけど、これって、もらえるんですよね?

みなさんのお金の動きを表にしてみました。

あなたはどうやってゴールする?

皆さんはそれぞれ3人のとった行動に関してどのように感じましたか?
冷静かつ堅実な鳥飼さん、計画性があり人望の厚い小雪さん、行き当たりばったりだけど運の強い安田さん、ここでは三者三様の結果となりましたが、選択肢は無限に存在します。
正解・不正解はありません、ただ1か月後の現金残に違いがあるのは事実です。

貸借対照表と損益計算書の関係

さて、本題に戻って「決算書は『点と線』」というキーワードについて解説していきます。
これまで例として記述した架空実験は、会社に例えると事業活動と同じです。

4月1日東京駅での所持金、4月30日博多駅での所持金、これは「点」を意味しています。
その時点でいくら現金があるのか?という「点」が決算書でいう「貸借対照表」です。
3人がとった行動の結果、4月30日の所持金はそれぞれ違っています。

一方で、この30日間の行動も三者三様です。4月1日と4月30日をつないでいる「線」がこのインタビュー内容です。所持金が増えたり減ったりしながら、1個目の点から2個目の点に移動しています。この「線」が決算書でいう「損益計算書」です。

1つ目の点(4月1日 東京駅)から、10万円を元手に活動をして2つ目の点(4月30日 博多駅)にたどり着く。
2つの点を線がつないでいるように、決算書は貸借対照表と貸借対照表の間を損益計算書がつないでいるという構造になっています。

損益計算書は何となくわかるけど、貸借対照表がいまいちわからないという方は少なくありません。それは、1つの時点でしか見ていないからなのです。
貸借対照表は2つの時点を比較して、初めてわかるものなのです。
4月1日の東京駅から4月30日の博多駅
前期末の貸借対照表から今期末の貸借対照表
というように、「線」の前と後ろには必ず点が存在します。
決算書は「点と線」。
これが難解な事件(=決算書)を明らかにするための重要なキーワードなのです。

ところで4人目の参加者であるあなたは、どのようにお金をつかって、いくら残っていましたか?